【会員インタビュー】ききみみ頭巾代表  小林 恵子 さん

【施設概要】

名称
ききみみ頭巾
所在地
〒165-0021 東京都中野区丸山2丁目1-6
TEL
03-5327-8114
Mail
kikimimi358@gmail.com
URL
https://kikimimizukin.jimdo.com
営業時間
  
その他
個別及びグループ傾聴カウンセリング 、ききみみサロンなど開催
開業日
  
アクセス
西武新宿線野方駅北口徒歩7分、 関東バス高円寺―練馬「野方消防署前停留所」下車徒歩3分

誰もが愛される存在だと感じる社会へ

 2017年5月にあっとほーむカレッジ9期生として卒業した小林恵子さん。受講中から準備を行い、東京都中野区で「ききみみ頭巾」の活動を始めています。彼女の活動は、ホッとできるみんなの実家のような場所をつくり、子育てや生活の中で孤独を感じたり、誰かに話を聞いてもらいたいと感じている人の心の声に耳を傾け、支援すること。長年磨いてきた傾聴のスキルで、子育て家庭やシニア世代も集える居場所作りを行っています。

 

 実は彼女、あっとほーむに出会う前、20年近く経営していた事業を閉鎖。築いてきた全てを失い、ゼロからのスタートになりました。しかし、見えない力に背中を押されるように、新たな土地で新たな仲間に出会い、あっとほーむカレッジを見つけました。そこで、自身の人生を振り返ることで明確になったのは、「誰もが愛される存在だと感じる社会へ」という彼女の事業理念でした。
 小林さんはあっとほーむカレッジで、自分の幼少期を思い出し、登校拒否や嘘をついて親を困らせていた自分を変えたある人の存在を思い出しました。彼女のもとにきていた大学生の家庭教師です。小林さんがどんな話をしても静かに聴いていてくれたそうです。否定したり、責めたりするのではなく、ただただ自分の話を聴き、受け入れてくれる。当時の小林さんにとって、そんな存在が必要だったのです。そのお姉さんの姿が、現在の小林さんの活動の原点になっています。

 小林さんは、あっとほーむカレッジで自分自身と向き合った時間を大切にしており、迷った時も、そこに戻ることでまたスタートできると言います。 彼女が置かれた環境には厳しいものがありました。でも、何があっても信じて支え、ともに歩んできた家族がいることで前に進めました。そんな家族にとても感謝しているそうです。これからは恩返しの人生を送りたいという彼女。小林さんの想いは、この活動を通し、きっと地域に多くの笑顔と安心を運んでくることでしょう。

 

 

【あっとほーむカレッジ受講を検討している方へのメッセージはこちら】

★小林さんが受講したあっとほーむカレッジはこちら
http://www.npoathome.com/childcareworker-service.html