【会員インタビュー】つむぎのおうち代表 小澤 道子 さん

【施設概要】

名称
つむぎのおうち
所在地
〒302-0132
茨城県守谷市松並青葉3-12-3
TEL
090-2633-5827
Mail
tsumuginoouchi@gmail.com
URL
https://www.facebook.com/つむぎのおうち-1469967606482196/
事業内容
20時までの小学生の放課後保育
習い事の送迎、おやつ・夕食の提供 など
開業日
2018年8月

「子どもが楽しんで待っていてくれるような環境を自分で作りたい」

小澤さんは、2017年12月あっとほーむカレッジを卒業後、すぐに準備を整え、小学生の夏休み期間お預かりを開始。2019年春からの本格始動に向け準備を整えています。一軒家での活動で、子どもたちが自宅にいるような時間をそれぞれ過ごせるよう心掛け、スタッフに保育士や教員免許保持者を採用し、子どもたちの成長に応じた対応が出来るようにしているとのこと。市内で唯一の20時までの学童運営だそうです。
「長期休暇の際には、地域の方々と交流できるようなワークショップなどを行う予定です。子どもたちのやりたいことを仕事だからと諦めなくていいように、習い事等への送迎を行い、親御さんの負担を軽減していきたいです。」

彼女がこのように子どもたちの居場所を考え、その親を支えたいと活動をはじめたのは、自身の経験があったからでした。彼女はブライダル業界に20年以上勤務。結婚、出産後も正社員として、役職もつき働いていましたが、勤務は土日祝日・夜間遅く関係ない不規則な業界。周囲の協力を得ても、お子さんが小学校入学時には同じように働く事ができず、パート勤務に。しかし、パート勤務になった途端、仕事の責任ややりがいの違いに戸惑ったそうです。また、小学生のお子さんを預ける学童保育施設の現実に不安を感じた彼女。「子どもが楽しんで待っていてくれるような環境を自分で作りたい」と思い、同じ志を持つお母さんと近隣の民間学童を見学していくうちに、理想ぴったりのあっとほーむを見つけました。そして、思い切ってあっとほーむカレッジ受講したのです。

「カレッジ受講を快諾し、事業スタートも了承してくれた主人には感謝してもしきれません。4年生の長男は利用してくれる子どもたちとも仲良くなってくれてサポートしてくれたり、自分ならこうだといいなと一番のモニターとして活躍してくれています。また、一緒に運営している子育て中のメンバーや、協力するよと声をかけてくれる働くお母さんたちにも勇気づけられています。今後はしっかりとした事業にしていくことが皆さんへの恩返しだと思うので、一歩ずつですが、頑張っていきたいと思います。」と語る小澤さん。仕事も子育ても頑張りたいという親とその子どもが笑顔になる彼女の活動が軌道にのるよう、今後もおうち保育園®協会で応援していきます!

【あっとほーむカレッジ受講を検討している方へのメッセージはこちら】

★小澤さんが受講したあっとほーむカレッジはこちら
http://www.npoathome.com/childcareworker-service.html