【会員インタビュー】あっとほーむスタッフとして活躍中 武田 美朝 さん

 

信頼される大人になれるよう、私らしく成長していきたい

 あっとほーむに帰ってきた子どもたちを優しい笑顔で元気に迎えるのは、あっとほーむカレッジ第6期生として卒業した武田美朝さん。彼女は将来の起業を目指し、現在はあっとほーむのスタッフとして働きながら、小栗さんのもとで日々学んでいます。あっとほーむの価値観に共感し、カレッジに通った数年前を思い出し、まさに人生のターニングポイントだったと彼女は振り返ります。

 武田さんのご両親は宮城県でNPO法人として中高生や若者の自立支援事業を行っています。子どもの時から、その事業を間近で見てきて、家族のように関わり支援することを続けていくことは、精神的にも身体的にも経済的にもすごく大変なことだと実感していたので事業に対して良いイメージは持っていなかったそうです。
 しかし、ご両親のDNAは確実に武田さんの中に受け継がれていました。社会人になり、看護師として大学病院に勤務しましたが、あまりにも忙しい職場の中では一人一人の患者さんと向き合う時間が取れず、まさに家族のような支援ができない葛藤を抱えます。家族のように支援したい想いと、それを実施したら自分と家族にかかる負担が大きくなる不安を抱えて日々過ごしていました。
 そんな時、あっとほーむに出会い、「自分と家族の幸せがあってこその事業」という小栗さんの価値観を知った時に衝撃を受け、どうすればそれが叶うのか勉強したいと思い、あっとほーむカレッジを受講し、現場に入ることで更に深く学ぶことになりました。

 

 看護師を辞め、新たな道に進むことに不安もあった武田さんですが、小栗さんから『私が武田さんの背中を押したように、武田さんも誰かの背中を押してあげてね』という言葉に勇気づけられ、前へ進めました。その言葉は今も彼女を支えています。
 最後に彼女は、「私が私らしく成長する姿を見せることで恩返ししていきたい」と語ってくれました。今は、あっとほーむの子どもたちに信頼される大人になれるよう、日々精進しています。武田さんらしい道を切り開き、一歩踏み出す誰かに勇気を与える心強い存在になってくれることでしょう。

 

 

【あっとほーむカレッジ受講を検討している方へのメッセージはこちら】

★武田さんが受講したあっとほーむカレッジはこちら
http://www.npoathome.com/childcareworker-service.html

 

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る