【会員インタビュー】NPO法人アフタースクール にじのいえ代表 宮尾 智美さん

【施設概要】

16_c

名称
アフタースクールにじのいえ
所在地
〒569-1123 大阪府高槻市芥川町4-4-9
TEL
090-6063-7722
Mail
info@nijino-ie.org
URL
http://nijino-ie.org
営業時間
月曜日から金曜日 13時30分から20時
土曜日(隔週)8時から18時30分
長期休暇 8時から20時
開業日
2016年4月
アクセス
JR高槻駅西口出口から徒歩8分 

働く女性が少しでも安心して仕事を続けることができるお手伝いがしたい

 16_b初めて訪れた人が揃って「おばあちゃんのおうちみたいでなんかほっとする」という通り、子どもも大人もなんだかほっとしてしまう場所がNPO法人アフタースクールにじのいえ。

 代表の宮尾智美さんは、小学生と保育園児の子どもを育てながら社会教育団体で16年間総合職として働いていました。

 女性はいつも子どもの預け先で悩んだり、子育てと仕事の両立で悩んだりすることが多いと感じていた彼女。学童保育室に入れず仕事を辞めたママがいると聞き、「頑張って続けてきた仕事を子どもの預け先の問題でやめることはとても残念なこと。私に何かできないだろうか」と考えました。

 

20150712-2

 あっとほーむの存在を知ってからの彼女の行動は早かった!二人の子どもをご主人に見てもらい、毎月横浜まで通い、会社を辞め、法人設立に取り掛かりました。高槻市に自ら事業プレゼンテーションを行い、現在は高槻市民間学童保育室運営事業者第一号となり、地域の親子のかけがえのない存在になっています。

 

 そんな積極的な宮尾さんですが、不安に駆られて泣いたこともあります。しかし、あっとほーむカレッジ受講中から開業後もずっと小栗さんからのアドバイスを受けてきたことが、宮尾さんの自信につながりました。教えてもらったことすべてが、事業に活きているそうです。

 子どもたちがにじのいえでおうちのようにリラックスして過ごす姿や、心から楽しそうに笑って遊ぶ姿を見て日々幸せを感じるという宮尾さんは、事業をお手伝いしてくれるご家族はじめ、 支えてくださる周りの方々にいつも感謝を忘れません。

スクリーンショット 2017-03-24 12.03.09 PM「仕事も子育てもどちらも大切にしたいと思っている女性が安心して生きていける社会になってほしい。そして働くママの安心感やゆとりが子どもたちと向き合うことに繋がるといいな」という彼女の想いが今日もにじのいえに笑顔を運んできます。

 

 

 

 

【あっとほーむカレッジ受講を検討している方へのメッセージはこちら】

16_a

★宮尾さんが受講したあっとほーむカレッジはこちら
http://www.npoathome.com/childcareworker-service.html

 

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る