【会員インタビュー】ことば塾代表 佐藤 浩子さん

【施設概要】

17_c

名称
ことば塾
所在地
〒464−0034 愛知県名古屋市千種区清住町1-98-2 清住ビル202
TEL
090-3851-4875
FAX
052-753-6334
Mail
 http://kotobajuku.com/contact.html
URL
http://kotobajuku.com
営業時間
月〜金曜日15:00~21:00
開業日
2016年1月
アクセス
地下鉄東山線「本山駅」徒歩6分、または「東山公園駅」徒歩4分
地下鉄名城線「本山駅」徒歩6分

お車でお越しの方:ことば塾前にコインパーキングあり

子どもがいる家庭が笑顔と笑い声でいっぱいになる世界を

17_b 2015年12月にあっとほーむカレッジを卒業した佐藤浩子さんは、翌1月、延長・お預かりができる《ことば塾》をオープンしました。ことばの使い方を学び、子どもの生きる力をつかみ、良好な親子関係を築くことで幸せな人生を送ることを理念としています。

 実は、あっとほーむカレッジに通い始めた当初の浩子さんは、保育園をつくりたいと考えていました。しかし、学びを深めるうちに彼女は「教育の原点は小学校にある」ことを思い出しました。

 誰よりも早く学校に来て広いグランドの草取りをしながら「おはよう」と挨拶してくださった校長先生。彼は、音楽や体育は苦手だけど作文や感想文を書くことが得意だった浩子さんに、その分野のあらゆるコンクールに応募させてくれました。さらには、コンクールで賞をとったことを全校朝礼で表彰してくださったそうです。浩子さんが「ことば」の力を感じた瞬間です。

 

 大人になり、ファミリーサポートや、資格を活かしてアロマ教室を開催したときに感じたのは、自己表現がうまくできないばかりにイライラしてしまう子どもたち、大人たちの姿でした。
 あっとほーむカレッジを通して明確になったのは、自分の得意な「ことば」の力で、子どもたちの自己表現力やコミュニケーション力を伸ばし、未来に羽ばたく子どもたちをサポートしたいという想い。小学校の校長先生が自分にしてくれたように、子どもたちの可能性を見つけ、伸ばしたいと感じたのです。そして、子どもたちをサポートすることで、親子のコミュニケーションがうまくいき、たのしい家族の時間を過ごしてほしいという想いも込めて、ことば塾を開業しました。

 

6期生修了式1

 「ことば塾は、子どもの居場所であり、お母さんの心の居場所でもありたい」と願う浩子さん。
「単に子どもにことばを教える場ではなく、子どもとのコミュニケーションに悩むお母さんたちの相談に応じ、子どもがいる家庭が笑顔と笑い声でいっぱいになる日本、世界を目指したい!」という彼女の頼もしい姿勢が、これからも地域の親子を支えていきます。

 

【あっとほーむカレッジ受講を検討している方へのメッセージはこちら】

17_a

★佐藤さんが受講したあっとほーむカレッジはこちら
http://www.npoathome.com/childcareworker-service.html

 

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る