【会員インタビュー】せかんどほーむ代表  渡邉 裕美 さん

【施設概要】

名称
せかんどほーむ
所在地
〒272-0114 
千葉県 市川市 塩焼2-2-65 桜井ビル2F(一部1F奥)
TEL
047-718-8847
Mail
info@2nd-home.click
URL
http://2nd-home.click/
営業時間
送迎付き夜間学童平日15~20時
コミュニティスペース9~14時
その他
夜間保育(小学生)、レンタルスペース(ママ&親子向け)、こども食堂
開業日
2016年9月1日
アクセス
東西線妙典駅徒歩6分、コミュニティバス「塩焼保育園前」バス停すぐ

周りにも自分と同じような境遇で悩み、困っている人がいる

 せかんどほーむは、送迎、食事、入浴対応の民間学童保育を主な事業として共働き家庭の子育て支援を行い、その空き時間となる昼間にはコミュニティ(レンタル)スペースとして開放し、 地域の親子が参加できる様々なイベントを開催しています。

 2014年11月に子育て支援起業講座(現あっとほーむカレッジ)を卒業した代表の渡邉裕美さんはその成果をもって、市川市レディースビジネスコンテスト、大学の起業コースの両方で最優秀賞を受賞。16年勤務した会社を退職し、2016年9月からコミュニティスペースを、2017年4月から学童の運営をスタートさせました。着実に自分が計画した道を進んでいく彼女の強さは一体どこにあるのでしょうか。

 

 彼女が自ら起業しようと思ったきっかけは、当時4年後に控えた第二子の小学校入学。それを機に彼女の時短勤務が切れると、毎朝子どもを小学校に送り出すより早く出勤しなければならなくなり、19時までの公設の学童へのお迎えが間に合わなくなることが予想できていたからです。

「今の働き方では仕事と子育てを両立するのは厳しい」と、転職活動をしていた彼女。しかし、そこで気づいたのは、自分と同じような境遇で悩み、困っている人がいるという現実でした。

そして、彼女は「自分が必要と思った場所が近くにないならば、自分で作ろう」と起業を決意し、あっとほーむカレッジの門をたたきました。

経営のスキルや実績は十分でも、保育の実務経験がほとんどなかった彼女にとっては、子育て支援に特化した内容だったからこそ、具体的な保育施設の運営に関わることを学べ、とても参考になったと話します。

 

 応援してくれたお子さんたちや、現在一緒に働くスタッフ、ご利用者のママたちに日々感謝しているという彼女は、経験と積極的な学びで、自らの道を切り開いてきたのです。

「どんな働き方であったとしても、 親も子どもも笑顔で生活できる社会になって欲しい」と願う渡邉さん。これからも力強く地域に根差した親子の居場所をつくっていってくれることでしょう。

 

 

【あっとほーむカレッジ受講を検討している方へのメッセージはこちら】

★渡邉さんが受講したあっとほーむカレッジはこちら
http://www.npoathome.com/childcareworker-service.html

 

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る