記事の詳細

こんにちは、小栗ショウコです。

 

今日のタイトル、やらなきゃいいじゃんって、なんて後ろ向きな言葉!!!

小栗さんはいつもやりたいことはやれってって言ってるのに、どういうこと?って思うでしょ?

 

 

 

実はこれ、もう10年位前に私がある人から言われた言葉です。

そして今でもこの言葉が私の生き方につながっています。

 

その頃、あっとほーむには何人か働いてくれている人がいましたが、何だかうまくいきませんでした。保育事業だけじゃなく、どんな事業においても質の高い人生の確保と育成は一番の悩みどころです。その時の私は人材育成に何の知識もなく、リーダーとしての意識もまったくないまま手探りでいろんなことを試していました。なのにこちらの思い通りに動いてくれないスタッフに不満が募るばかりです。こんなにやってあげてるのにこれしかしてくれない!感謝の気持ちがない!と、愚痴った時、こんなにやってあげてるのにって思ってることを「やらなきゃいいじゃん」とかる~く言われたのです。

ハッとしました!

このときの衝撃は忘れられません!

イラスト女性

私の”やってあげてるのに”と思っていたことは、人から見ればやらなきゃいいじゃんと思う程度のことで、相手からしたらそんなのほしいって言ってないし~程度のものなのか!!と気づいたのです。

 

 

例えばね、恩を仇で返すってあるでしょ?

こんなことしてあげたのに、お礼もないとか、

特別目をかけてあげたのに、どこかで悪口いってるらしいとか。

 

 

大げさだけど、当時の私は恩を仇で返すのか!と感じていました。

それは、私がこれをやってあげるから、あなたもそれ相応なことを返しなさいねって思っていたということです。

 

 

お返しがある事を期待して何かをするって、イヤですね~。

こんな人、イヤだな~って自分で思います。

 

 

だから私はこのときから、”恩”をうることをやめました。

人のために行動することをやめたわけじゃありませんよ。

人のために行動すること=恩を売ることだと思うことをやめたのです。

 

相手のために私がしたいことはする。

やってあげると思うような上から目線の気持ちになるのならやらない。

 

それを相手が受け取るかどうか、恩と取るかは相手が決めること。

ましてや恩をうったお返しを期待することもやめました。

だって私がやりたくてやっていることなんだから。

 

 

同時に、私自身は人からいただいたご恩は何倍も大きくしてお返ししようと決めました。

その結果として、私は人からこういうことをされたら、こういう風に御礼をするしこういうお返しを行うという私なりのルールができました。

でもそれは私のやり方で、それを教えることはできるけど、みなさんが同じようにお礼やお返しをするかどうかはみなさんが決めることです。

それでも参考にしたい!と言う方のために、あっとほーむカレッジを作りました。

私のやり方、あっとほーむのやり方をお伝えする場があっとほーむカレッジです。

 

 

今の私は、「やらなきゃいいじゃん」という言葉をくれた方に恩を感じています。

ほんとに何気なく言ったことだと思うのですが、こうやって周りの人から言われた言葉で人っていろんなことに気づきますよね。

私にいろんな気づきを与えてくれる人がまわりにいることに感謝しています。

 

 

みなさんも、「こんなにやってあげてるのに」とか「気を遣ってこうやってるのに」とか勝手に相手からのお返しをこのくらいはしてくれるはずと期待していることはありませんか?

こんなに仕事をしているのにこれしか給料ないの?とか、

こんなに気を遣ってあげてるのにその態度?とか

私はいつもこれをあげてるのに、これしかくれないの?とかね。

 

 

 

私はやらなきゃいいじゃんのひとことで、見返りを求めず自分がやりたいからやるという選択をしたけれど、

みなさんはこの記事を読んでどんな選択をするのでしょうか?

それもまた、自分らしい選択です。

どうぞ自分の選択に自信を持って突き進んでください。

 

 

 

関連記事

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る