記事の詳細

GWの最終日もたのしい思い出つくりたい!そんな親子のために、あっとほーむカレッジ卒業生が親子で楽しめる科学実験ワークショップを開催します。

 

同日には、あっとほーむカレッジ第9期生の事業プレゼンテーション発表会を開催!

地域の親子のために、社会のために、自分に何ができるのか、この半年間自分自身と向き合ってきた受講生たちの想いをぜひお聴きください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:2017年5月7日(日)

13:00~受付開始

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

13:30~14:30  【GWわくわく親子科学実験ワークショップ】 

 

今回の親子科学実験ワークショップは、水の中をふわふわ浮いたり沈んだりする浮沈子(ふちんし)作り!パスカルの原理を利用したおもちゃを親子でつくってみよう♪

横浜市藤が丘にて開業したおうち保育園協会®の仲間【にじのことり】三井 恵さんと吉田文江さんがにじのことりの子どもたちとたのしいワークショップを開きます。

子どもは楽しく!親はそんな子どもを見て嬉しく!保育者は今後の保育の参考に!

浮沈子

ワークショップ講師:三井 恵さん(にじのことり代表)、吉田 文江さん(にじのことり運営スタッフ)

ママと子どもの第2のおうち にじのことり http://nijinokotori.com

※三井さんは、あっとほーむカレッジ卒業後、夢だった寺子屋のような保育施設を立ち上げた方です。

 

参加費 子ども300円 大人500円 

※予約制当日払い。当日でも空きがあれば参加できます。ご予約はこちら。

15:00~のプレゼンテーション&卒業式にもご参加いただけると嬉しいです。

※保育はできません。未就学児は保護者同伴で、小学生は一人参加もOKです。

 

スクリーンショット 2017-04-06 10.36.27 AM

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15:00~16:30 【あっとほーむカレッジ第9期生プレゼンテーション会&卒業式】

 

子どもに関わることをやってみたい。自分にできる地域の親子支援ってなんだろう?そんな想いで認定NPO法人あっとほーむに通い、勉強してきた受講生が皆さんの前でプレゼンテーションを行います。こんな事業もあるんだ!こういうやり方もあるんだね!とこれから起業する人、起業している人にも学びになる内容です。アイデア満載の発表を聞いて、これからの自分の人生を考えるきっかけにしてください。

20150712-2

161204_251

 

参加費無料

※予約制 当日でも空きがあれば参加できます。ご予約はこちら。

ワークショップと併せてご参加の場合はその旨メッセージ欄にご記入ください。

子ども同伴もちろん可能!保育はできませんが、保護者管理下でどうぞ。泣いても騒いでも全然OKです!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当日のプレゼン発表者紹介

 

1 長野七実さん

お母さんが働く子どもはかわいそうではない!

子どもには親を尊敬できる気持ちを、

親には両立を楽しむ気持ちを与える「おうちモード」で過ごせる放課後の居場所を目指します。

 

2 三輪直子さん

4年生以上も楽しめる放課後の居場所を!

全国的に6年生まで過ごせるようになった学童保育所。でも現実は4年生以上はあまり歓迎されない場合も多々あります。

思春期前期と呼ばれるこの時期こそ、心と身体のバランスが取れる居場所が必要!

歯科衛生士として活躍する三輪さんならではの放課後の居場所作りを目指します。

 

3 足立さとみさん

科学×生きるコミュニケーション力をテーマに、

発達障害或いはグレーゾーンの子どもを対象にした科学コミュ塾を設立します。

理系大学院から長年理系研究員として活躍し、人材マネジメントをしてきた足立さんだからこそできる、

「人と違う才能」を伸ばし、「社会で幸せに生きる力」を身につける場所を作ります。

 

4 小林恵子さん

長年の傾聴活動を主軸に、疲労や孤独を感じている方のカウンセリング、個別傾聴、サロンを

開催すると共に、日曜限定の学童保育を行います。

耳を傾けるだけでなく、手を差し出すことで、人は誰もが愛される存在である事を伝えていきます。

 

5 小泉美すずさん

ご自身の子育てにおいて大きな安心を与えてくれた地元の保育園の跡地を利用して、

短時間勤務やフリーランス、或いは就労以外の理由でも利用できる一時保育と親子の居場所を作ります。

大きな特徴は、オーガニック食品企業勤務経験のある小泉さんだからこそできる、

一時保育の子も地域の親子も一緒に、大きなちゃぶ台を囲んでいただくこだわりのご飯とおやつの提供です。

 

6 カラドゥマン和恵さん

特に0~2歳児にとって、プロの子育て支援者=保育士との関わりは生活習慣や発達形成に必要です。

ご自身がフルタイムで働いていたのに子どもが保育園に入れず仕事を辞めた経験から、

親の就労状況によって保育環境が与えられない現状をどうにかしたい!と考え、

専業主婦と子どもを対象にした親子プログラム、ママだけプログラム、一時保育の3つを柱とした

0~2才の親子への支援を行います。

 

 

7 中野幸子さん

フルタイムで働く親は、子どもに習い事をさせたいが送迎や同行ができず断念するか、

家族で過ごせる貴重なお休みの日に子どもの習い事を集中して入れるしかありません。

音大卒業後、ピアノ教室指導をしながら音楽ライターとして活躍中の中野さんが、

働くママの子どもも通えるピアノ教室を開きます。

「ママが働いているから習えない」を解消します!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

場所:みんなのキッチン

  (神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央36-5 エルドラード横浜2F

   横浜市営地下鉄センター南駅より徒歩8分)

 

ご予約はこちら。

皆様のご参加をお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この日は参加できないけど、この取り組みを応援したい!と思ってくださる方はご寄付で応援していただけます。

主催する認定NPO法人あっとほーむへのご寄付ページです。

5月7日のイベントご寄付と記載いただくと、当日の卒業生への卒業プレゼントとして使わせていただきます。

関連記事

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る