記事の詳細

 

こんにちは、事務局の阿部依里子です。

 

とてもいいお天気の今日は、おうち保育園®協会の会員でもある村田かなえさんの施設を訪問してきました。

 

先月2月に新しく生まれ変わった村田さんの施設は、【ママと子どもと地域がつながるOHANA】。「ママを笑顔にしたい、もっと子育てを楽しんでほしい」という村田さんの想いがぜーんぶつめこまれたとっても素敵な場所です。

 

DSC06086

 

子どもたちがはしゃいでいる姿が想像できちゃうプレイルーム

DSC06069

 

木のぬくもりたっぷりの遊具と、足にやさしい人工芝のひろいグランド

DSC06075

 

0~12歳まで継続した保育をしたいという村田さんの想いがつまったお部屋の数々

DSC06007

 

 

 

村田さんは、3期生としてあっとほーむの子育て支援起業講座で学び、2014年11月に卒業。2015年オハナを開業し、今年で開業3年目。企業主導型保育施設として生まれ変わりました。その間、困難なこともたくさんありました。いつも笑顔を絶やさない彼女からは想像もつきませんが、悔しくて涙することもあったんです。でも、こうやって3年目の今年、新生オハナが誕生したのは、村田さん自身が困難な場面に直面しても、そのたびに「あきらめずに」事業を続けてきたからです。

 

DSC06060

 

自分が興味を持ったことは学ばずにはいられない村田さん。気になった方の書籍を読んで勉強するだけでなく、自分で実際にその方の講座まで足を運び、見て聴いて、納得するまで学ぶ彼女。子育て支援起業講座のときから、この村田さんの「行動力」は目を見張るものがありました。

 

こういった村田さんの行動が彼女の最大の理解者であり、協力者・支援者でもあるご家族との絆を強めたのではないでしょうか。彼女が理想と現実の狭間で葛藤している姿を間近で見ているご家族は、村田さんの真摯な想いを誰よりも理解し、信じています。だから、あえて厳しく接することだってあります。でも、村田さんが困難な場面に陥ったときには、必ず手を差し伸べてチカラになってくれるのです。

 

どんな些細なことにも「感謝する」ことを忘れない村田さん。彼女自身の魅力もさることながら、ご家族の協力を得られるようになると、その周りにはさらにたくさんの協力者・支援者がいました。「子どもたちの成長を地域みんなで見守りたい」「地域で子育てやママのやりたいことを応援する」そんな彼女の想いに共感して、オハナをいっしょにつくりあげたいという人がどんどん増えていきました。

 

村田さんは、子育て支援起業講座で学んだ「 本当に自分がやりたいこと」=「ブレない軸」を常に大切にしてきたそうです。この3年間で何度も壁にぶつかったけれど、そのたびに彼女の軸が研ぎすまされていきました。その集大成が、【ママと子どもと地域がつながるOHANA】につながったのです。

 

DSC06081

 

村田さんが受講した子育て支援起業講座は、2016年秋から【あっとほーむカレッジ】としてリニューアルしました。小栗さんは自身があっとほーむを起業してから、経験してきたことを伝えることで、今後開業するみなさんが不必要な困難に合わずに、継続し安定した事業経営をできるようにとあっとほーむカレッジを開校しています。

 

村田さんがもしゼロから一人ではじめていたら、きっとさらに多くの困難が待ち受けていたはずです。あっとほーむの18年間のノウハウやスキルを教わっていたからこそ、村田さんは短期間でまさに自分が想い描いていたものをつくりあげることができたんですね。

 

 

村田さんが受講したあっとほーむカレッジは、ただいま4月から受講できる10期生の応募受付中!あっとほーむカレッジの説明と、あっとほーむカレッジを卒業して、自分らしい子育て支援事業を始めた先輩が、これから何かしたいなと考えている皆さんに直接アドバイスをくれるトークサロンを開催します!

4月16日(日)10:00~12:00あっとほーむカレッジの説明会及び先輩のトークサロンお申し込みはこちら

村田さんが受講したあっとほーむカレッジの内容はこちらからご覧いただけます。

この機会にぜひご参加ください。お待ちしています♪

関連記事

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る