記事の詳細

こんにちは、小栗ショウコです。

 

 

4月始まりのプロジェクトが多い日本。なので2月3月中に構想して4月に採択、5月に企画・募集、6月から実施というプロジェクトがたくさん。私も4月に決定、5月に企画、秋に実施のいくつかのプロジェクトにお声掛けいただき、打ち合わせをしています。

 

だからこの時期周りを見渡すと、起業セミナーや創業支援プロジェクトもたくさん始まっていますね。このブログをお読みいただいている方なら、一度や二度はこの手のセミナーに参加した方が多いのでは?

2時間程度の講演から、半年程度のセミナーまで様々です。例えば、私が印象に残っているのは有名なカフェの店主の講演会。ものすごく参考になったしファンにもなりましたが、売り上げと経費、利益についてはオブラートに包んでくれました。そしてカフェ成功の秘訣についても、教えてくれているようで目に見える部分だけ。考えてみれば、他の講演やセミナーも同じです。ただし、私と同じように聞いていても、それがすべてだと思い込み、な~んだ簡単じゃんと真似して始めちゃう人も多いのです。どんな事業もお金と場所と人がいればできちゃうからね。

 

子育て支援事業も同じです。

今、保育園が足りない!学童保育が足りない!という社会の声をそのまま受け取り、講演やセミナーに参加して、成功しているだろうと思われるところのホームページを読み込み、「こういう保育園を作ろう!」「学童保育を作ろう!」という高い志の人と、「これはビジネスチャンス!」「小学生の相手ならできるだろう」というビジネス路線の会社がぽーんと起業しています。そしてどうなるかというと、大体の場合想定していた人数が集まらない、だからお金が回らない、そしてギリギリまでがんばってもうムリ!!!というところで「来月閉園します」と伝えてやめてしまう。

私が開業した18年前も、そして待機児童が多いとか学童保育が足りないと言い出したここ数年でも、そうやって閉園するところを近くで見てきました。

 

実際、あっとほーむもホームページでかなり多くの情報を提供しているので、経営コンサルタントさんなんかはあっとほーむのホームページを調べて、そのまま真似すればいいのよと教えている人もいるそうです。全然知らないコンサルタントさんがそんなことを言ってるのだと聞いてびっくりしましたが。でもね、ホームページも講演も同じで、伝えられる情報は実は目に見える分かりやすい部分だけ。だからね、どんなに講演会やセミナーに出て勉強しても、ホームページを読み込んでも、それは参考にしかなりません。それらを自分のやりたいことにどう活かしていけばいいのか考えて実行する力が必要なんです。

 

 

自分が学んだ知識や経験を、どう活かしていいのか、どう実行すればいいのか?

これが分からないから立ち止まってしまうんだよね。

そして事業を始めたら、たくさんの思いがけない出来事に冷静に判断できないことも多くて、いつの間にかやりたいことじゃなくて、やらないといけないことばかりになってしまう。せっかく起業したのにそれじゃあもったいないよね。

 

 

だから、

自分の知識や経験をどう活かせばいいのか最善の策を引き出し、実行を見守ってくれる人、

迷ったときに頼れる人が必要なんですね。

 

それがコーチであり、仲間です。

※ここでいうコーチは、自分の才能や能力を引き出して自分で答えを見つけられるように伴奏してくれるコーチングのことです。

 

 

私たちがやっている子育て支援起業講座もコンサルティングも、コーチング。そこに、長年子育て支援事業をしてきたからこそできるアドバイスを加えています。

そして自分の悩みや不安を打ち明けられる仲間が集うのがおうち保育園Ⓡ協会。

 

 

成功者の事例は講演会やセミナーで、

経営学は、誰でも同じように教えてくれる経営セミナーへ。

自分の才能と能力を活かせる子育て支援事業を見つけて起業したいなら、私たちのところへお越しください。

まだ全然ふわふわした構想でも、全然自信がなくてもいい。

私たちがあなたの可能性を引き出します。

3期1日目

子育て支援起業講座の様子

 

 

 

 

子育て支援起業講座、無料説明会&卒業生のトークサロンのご案内

7月10日(日)満席

8月28日(日)受付中

9月11日(日)受付中

上記日程に参加すると10月からの講座に参加できます。

 

関連記事

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る