記事の詳細

こんにちは、事務局の阿部依里子です。

 

昨日はあっとほーむの受賞記念パーティーを開催しました。

たくさんの方がご参加くださり、大人も子どもも楽しめる素敵なパーティーでしたとおっしゃってくださり、これからも頑張ってくださいとたくさんの励ましの言葉をいただきました。

 

実はこのパーティーの前、おうち保育園協会の活動報告会を開催しました。

 

今回はそれぞれの活動の報告に加えて、開業したはいいけれどこんなときどうすればいいの?という疑問をシェア。小栗さんはもちろん、ほかの協会会員のみなさんもそれぞれの経験をもとに、一緒に課題解決方法を考えていきました。

 

それぞれの協会会員の事業は形も中味も大小も違うけれど、課題の根底には同じものがあるんです。

 

たとえば、信頼できるスタッフを見つけるには、家族のように事業者や事業者の想いを理解して、その活動を一緒に支えてくれる人をつくること。方法はそれぞれの事業の状況で少しずつちがうから、そこはわれらが小栗さん!が実績や経験からアドバイスしてくださいます。

 

おうち保育園協会のいいところはいろんな経験や実績を持った人々が、地域の親子を支援したいという同じ想いでつながっていることです。だから、事業の形や大小が異なっても、お互いの想いがわかるから、相談したりアドバイスしあったりして、これだ!という解決策が生まれるんです。

 

昨日の活動報告会後には、今後おうち保育園協会でどんな活動をしていきたいかや、活動報告会についてもさまざまな提案をいただきました。 協会の活動は事務局だけでなく、協会会員のみなさんと一緒によりよいものにしていけたらと思います。

 

よいこともそうでないことも気軽に話せ、信頼できる家族のような仲間とこれからもがんばっていきます。

おうち保育園Ⓡ協会

「こんなおうち保育園®協会いいな〜」、「起業した人たちをぜひ支援したい!」という方はおうち保育園®協会の応援会員になれます。みなさんも家族の一員になりませんか?

 

 

関連記事

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る