記事の詳細

こんにちは、小栗ショウコです。

 

時々あっとほーむのブログやfacebookに出すと好評なのがおやつや食事の写真。

今日はその中のシフォンケーキと起業のお話です。

シフォンケーキ

シフォンケーキは私が焼いているのですが、シフォンケーキを作れるようになるまでの道のりが事業を行うことに似ているのではないかと思いました。

 

私がシフォンケーキを作りたいなと思ったのは、あっとほーむの子どもたちに喜んでもらいたいから。

月に一度はおやつに出したいな~と思ったのです。

 

そのためにまず、ネットでレシピを調べて作ってみました。

→これは、起業したいと思ったらネットで起業ノウハウを調べることに似ていますね。

 

次に、自分で材料と器材を揃えて作ってみました。

→今はネットだけでも起業までの手順が載ってるからすぐに出来そうですよね。それを読んでその通りに起業しちゃったと同じことですね。

 

 

しかし、何度作ってもうまくいきません。レシピ通りに作っているのに穴が開いてしまったり生焼けだったりして、全然うまく出来ないのです。

材料を変えたり、器材を変えたりしてして時間とお金をかけても出来ません。このオーブンが悪いのか?とかおもっちゃったりして。

→それは、見よう見まねで起業したはいいけど、全然お客さん来ないし、来てもらうために少し事業内容を変えてみたりチラシとかホームページとか作ったけど、効果がなかったと同じこと。この立地が悪いのか?と環境のせいにしてみたり。

 

 

多くの人は、この時点でどうすればいいの~!と頭を抱えます。もう時間もお金も相当使っちゃったからね。

シフォンケーキ作りは諦めればすむけれど、起業しちゃったらそんなに簡単には辞められませんね。

 

 

さて、次に私はどうしたかというと、信頼できるお菓子教室の先生に教えを請いました。ミサリングファクトリーさんです。以前からその理念や経営方法、ブログ読むだけで伝わってくるプロ意識を尊敬していた教室です。おうちで教室をしている人、ケーキ屋さんをやり始めた人が教えてくれる、すごく手の込んだものを教えてくれるなど、他にもシフォンケーキを教えてくれる教室はありますよね。でも私、以前ほんとに数えるほどですが単発で料理教室に行ったことがあるんですが、自分に合わなかった経験をしてきました。料理上手な女性がおうちで料理教室をやっているというところにいくつか行きましたが、どこでも自分のやり方が正しくて今まで私がやってきた方法、世の中の多くの人がやっている方法ではいかにダメなのかを言われ、それを受け入れることが出来なかったのです。厳選した素材や材料を使い、体に悪いと思ってらっしゃるものを使わないこだわりは理解できます。でも、誰かを否定し自分が正しいと主張する方法が私には合わなかったんですね。それに、何人かの生徒さんでいくつかの料理を一緒に作るので、一から一人で一つを作る経験は出来ませんでした。だから教えてもらったものは今でも家で作れません。

世の中に、起業塾や起業講座はたくさんあります。起業してしまった人にとっては経営コンサルタントや中小企業診断士がたくさんいますね。それぞれの特徴もあるけれど、自分に合うか合わないかを感じることが大切です。行政がやっているからとか有名な人が来るからとか、そういうことで選ぶのではなく、自分はそこで何をどのように学びたいのか、それが自分に合うやり方なのかを吟味するのです。先生との相性もすごく大切ですよ。例えばね、世の中にはキムタクが好きな人もいるけれど私は好きじゃないし、私が世の中で一番かっこいいと思っている福山さんを好きじゃないという人もいるように、この人好き♡かっこいいと思えるかどうかで決めていいんです(^^)。この先生ちょっとイヤだなって思っても他の人がいいって言ってし~とかTVに出てるし~とかの理由で決めてはいけません。自分で選ぶのです。

 

私はその後、シフォンケーキを上手に焼けるようになりました。教えてもらったレシピで何度も作り、紅茶や抹茶やココア味を自分でアレンジして、子どもたちに喜んでもらっています。先生に教えてもらうことなく自己流でやっていたらきっともう諦めていたでしょう。

だからね、事業でも自分が尊敬出来る先生を見つけて相談してみてください。そうしたらきっと、今まで気づかなかった自分の才能や事業の可能性が見えてきて、面白いくらい上手にいろんなことが進みます。私がシフォンケーキ作りがうまくなったようにね。

 

 

関連記事

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る