記事の詳細

 

こんにちは、小栗ショウコです。

 

長い人だと10連休だったゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしたか?
私は毎年この時期はあっとほーむの修繕とか事務作業とかをしていますが、

「ゴールデンウィークなのに仕事?」とか
「休みはあるの?」と言われることもあります。大抵の場合、「大丈夫?」と心配している表情と共に。

私が今でも会社員だったら、私の今の状態を見ればきっと同じように思うでしょう。
特に退職する数年前からは仕事自体は好きなのに、職場に行くのが苦痛だったから。
だから、普通の会社員とか仕事は戦場だ!とか言ってる人には理解しがたいのは重々承知の上ですが、
今の私には、仕事の感覚が違うのです。

趣味を仕事にした・・・とはちょっと違う。
ONとOFFがないというのが近いかもしれません。
あっとほーむで子どもたちと過ごしているときでも、
あっとほーむがお休みのときでも、
いつも自分らしく過ごしている。

もちろん、年齢と共に体は衰えていくので体のメンテナンスのために休みは必要ですし(昨日のマッサージ、気持ちよかった~♪)、気を補うためにこんなところに来ることも必要です。

19603

 

でも、仕事から解放されたい~!とは思わない。

ここであっとほーむの子どもたちに会っても、保護者と会っても、スタッフと会ってもいい(^^)。正直、ここにあっとほーむのみんなで来たらどうかな?みんな楽しいかな?とか考えてしまう。それだけ、あっとほーむが楽しいもの。
やるべきことをやるのではなく、やりたいことをやるってこういうことです。

 

日々の小さな葛藤とか、許せないこと、悔しいこともあるけれど、
やりたいことをやる。
やりたくないことはやらない。
会いたい人に会って、会いたくない人には会わない。
そういう選択が出来るのは、自分で事業をしているからです。

社会的には、経営者はその業界で一番を目指すだろうし、
社会起業家は社会を変える為に人の3倍のスピードで!とか言われるけれど、

なぜかしっくりこなかったのは、私が求めているのはそこではないからです。

誰かと比べたり競争することはしたくないし、自分のスピードで生きたいから。

こんな私だから、これから自分で事業を立ち上げる人にも、自分らしい事業を立ち上げて欲しい。
私だったら、1から10までルールどおりにやらないといけないフランチャイズは窮屈だし、
自分の生き方を変えてまで利益を追求する仕事もイヤ。
それは会社員と変わらないからね。
せっかく自分で事業をするなら、自分で仕事量や時間を調整して、自分で決めた利益を目指し、
自分の家族やお友達との時間も楽しみながら、人生の最期にいい人生だったなと思ってほしい。
そのために私が出来ることは出来る限りサポートしていきます。
それが私のやりたいことだから。

さあ、自分らしい生き方をしてみましょう。
それが、子どもに関わる仕事なら、私たちが支援します。

私たちが開く講座の説明会と、講座の卒業生ですでに自分らしい事業を立ち上げた方のトークサロン、今年開催は7月8月9月の3回のみ。(これに参加すると、10月からの講座を受講できます)
すでにご予約も入り始めています。前回は満席で入れなかった人もいるので、お早めにどうぞ。

関連記事

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る