記事の詳細

こんにちは、小栗ショウコです。

 

立春も過ぎ、新しい運気が流れてきましたね。そう感じるのは私だけでしょうか?私の師匠、稲葉瀧文さんが「今年は60年振りの丙申(ひのえさる)」の年だと教えてくれました。今まで悪いことをしてきた人は暴露され、良いこと・努力してきた人は評価される、そして、新しいことを始めると良いそうです。今までの努力が実を結ぶということです。

 

さて、評価されるかどうかは別として、私も私のペースで日々努力を重ねております(^^)。

最近は企画書やプレゼン資料を作って世に出すことも多くなりましたが、実はこれ、私はとても苦手です。自分の考えや想いをまとめて言葉にするってすごく難しいので、文章を書くのも苦手です。企画書やプレゼンは、それに輪をかけて事業チックにしないといけないので尚更です。

でも、皆さんに届くのは、完成された時。

いとも簡単に作っちゃうのだと思っている人もいるようですが、違います。

何度も何度も作っては直し、作っては直し、時にはちょっと投げ出したくなるけど、完成するまで頭の中をぐるぐるとしているのです。

 

 

私がこういうものを作る前は、

「私、このままでいいのかな~」

「何かしたいけど、何をしていいのかわからない」

「何か人の役に立つことしたいけど、何から始めていいかわからない」

と言う人と同じ状態です。

 

 

そこから脱して完成させるために1番最初にすることは、「やると決める」ことです。

1人で決めてもダメですよ、人はね心が弱いからすぐに自分を裏切っちゃう。もう少し伸ばせばいいか、出来ないのはこれが違うからか?いやまて、これは本当に自分がやりたいことか?と、段々と自分が決めたことに対して都合の良い言い訳をしてしまうから。

でもね、それでいい?人生終わっちゃいますよ。

やると決めたら、周りの人に宣言するのです。

いつまでに何をするって。

 

 

その間、ちゃんと行動をするのです。

本を買って読む。勉強会に参加するなどして。

仕事や子育てや家事は言い訳にしない。時間配分をして、何度も何度も向き合うんです。

 

 

そんなこと出来ない?

小栗さんだからできること?

 

 

そう思うなら、本気じゃないんです。

もやもやして、ついつい「このままでいいのかな?」って考えちゃうだけです。

 

でも、もし本気で答えを出したい、完成させたいならどうぞ行動してください。

 

 

 

そんな風に行動して、何度も何度もトライ&エラーを繰り返したその先に、きっと新しい道が見えてきます。

私だって、すごくエラーします。先に書いたプレゼン資料や企画書を評価してもらえないことの方が多いんです。表に出るものは、そのうちのほんの数件の評価されたものだけ。そのために、何度も何度も繰り返し考え、作っては直しを繰り返しているんですね。一人じゃなくて、家族やスタッフに途中途中見てもらって意見をもらってまた作り直す。そんな繰り返しなんです。

だからね、今の状況から抜け出して自分の道を見つけたいなら、どうぞいつもと違う人と会う、いつもと違うことをする決心をしてください。

導いてくれる人、教えてくれる人がいれば、会って教えていただく。自分の想いを何度も何度も確認してもらいましょう。

 

私たちは、あっとほーむに共感して、自分も何かやりたいな~と思っている皆さんに、私たちの持っているすべてを教えます。子育て支援や働く女性支援に共感する皆さんは是非3月の無料説明会にご参加くださいね。お待ちしています!

20150712-2

自分の想いを発表する受講生。

 

関連記事

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る