記事の詳細

こんにちは、小栗ショウコです。

 

この春、大阪で開業予定の【NPO法人アフタースクールにじのいえ】(以下、にじのいえ)を紹介します。私、小栗ショウコとおうち保育園®協会事務局長で訪ねてみました。

 

大阪と京都の中間に位置する高槻市は、それぞれに通勤通学する人にとっては、とても便利で住みややすそうな街です。駅前にはデパートやショッピングセンターが揃い、ここで何でも揃いそう。それでも駅から少し歩いて路地に入ると昔ながらのいい感じの街並みが。にじのいえの2軒隣には、もう50年以上やっているこんないい感じのお好み焼き屋さんも!(美味しいしおばちゃんも気さくな人でほんと良いお店♪)

いじのいえ お好み焼き

そこから見える、にじのいえも趣のある建物です。窓から「おかえり~」って子どもたちを出迎えるんだろうな・・・と思って、やってみました(^^)

にじのいえ1

大家さんは代表の宮尾さんの想いに共感してくれて、内装外装とも、何してもOK!とおっしゃってくれたそうで、外装も今後少しずつ可愛くしていく予定。楽しみですね。さて、室内はというと、今までの住人さんがとてもキレイに使ってくれていたことや、今回入居するまでにいろいろ直してくださったこともあり、想像以上に広くてキレイなんです!

この日は、ご利用予定のパパママに向けての説明会を開催しても余裕の広さ。この日は大人9人いましたが、ゆったり座れました。

にじのいえ2

2階は二間続きのお部屋があって、暖かい日差しも入り、こどもは楽しく、大人はなんだか落ち着いてしまう雰囲気です。

にじのいえ3

更にもう一つお部屋があります。ままごとセットとお店屋さんセットが置いてあります。

DSC07148

各部屋に押入れもあるので、子どもたちは当然こうなります(^^)みんなすごく楽しそう♪

にじのいえ4

宮尾さんは、市の学童保育が、公設公営の大人数のところしかなく、しかも定員が決まっているので外れたら入れないという、働くママにとっては非常に厳しい状況だと知り、自分の資格と経験を活かして学童保育を立ち上げたい!と思って起業講座を受けました。毎月子ども二人を実家に預けたりパパに見てもらったりして、日帰りで横浜まで通ってきてくれました。受講中から構想が広がり、NPO法人を設立、認証。開業前なのにご契約者は9家族になりました。他にも本当にいろいろ動いて、春には開業、夏にはさらにバージョンアップしそうな勢いです。

 

笑顔でとっても優しい雰囲気を出しながら、熱い想いで多くの人を巻き込んで良い方向へと進んでいけるのは、ひとえに宮尾さんのお人柄だなと思います。どんなに熱い想いを持っていても、行動しないと伝わらないし、その行動にもタイミングと方法が重要です。自分の気持ちだけを伝えるのは簡単だけど、相手の気持ちや立場を考え、タイミングを計るということもとっても大切。宮尾さんはじめ、おうち保育園®協会の会員さんたちは、これを自然にできる人が多いんですね。ほんとにすごいなと思います。

 

同じような考えを持ち、同じような事業をする人はたくさんいます。それはどんな業種でも同じ。今は他に同じような事業者がいなくても、良い事業ならばいずれ近くで同じようことをする人が出てきます。でもね、特に子どもに関わる事業に関しては、信頼が第一です。それは、事業者がどんな価値観を持ち、どんな理念を掲げ、日々どのようにパパママ子どもたちに接しているか、そして更に良い場所になるために努力を惜しまず変化し続けるか?なんです。

宮尾さんも、おうち保育園®協会の会員さんですでに開業した皆さんも、順風満帆だったわけではありません。行動することで傷つくこともあるし、イヤな想いをすることもあるし、不安でいっぱいになり泣いてしまうこともあります。でも、自分の想いを手放さず進んでいけるのは、仲間がいるからです。起業講座を受けてはいさよなら!ではなく、開業するまで、開業してからも、小さな不安や疑問をすぐに聞けて、自分も頑張らなくちゃ!と思わせてくれる仲間がいるのは、本当に心強い。私たちおうち保育園®協会は、今後も宮尾さんはじめ会員さんたちが自分の道を進めるように支援していきます。

 

NPO法人アフタースクールにじのいえ代表・宮尾さんが受講した子育て支援起業講座はこちら。ただ今4月開講の講座受講生を受付中です。まずは無料説明会&開業者のトークサロンへどうぞ。

 

にじのいえ5

にじのいえの玄関で。看板からかわいい手と足を出しているのはだ~れ?

関連記事

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る