記事の詳細

こんにちは、事務局・阿部依里子です。

昨日はライフネット生命・出口治明会長基調講演と子育て支援起業講座6期生のプレゼンテーション会・修了式でした。


出口会長は日本の生命保険業界にて、何十年も新しい生命保険が承認されていない中、これからの経済や社会を見越し、子育て世帯に優しい保険を作り上げました。

60歳の時にライフネット生命保険株式会社を設立した出口会長の、物事を的確に捉え、分析し、行動に移すその能力の秘訣を教えていただきました。

たくさんのヒトにあって、たくさんの本を読んで、たくさんの場所、現場を訪れる。

それを実行してきた出口会長の話術にあっという間に引き込まれた参加者のみなさんは、終始うなづき、笑い声があがったり、真剣な表情になったり。出口会長の人柄に惹きつけられるようにお話を聴いていました。

歴史にも詳しく、分かりやすく、読んで実になる著書をたくさん出されている出口会長ですが、直接お話を伺うのは本当に貴重な時間でした。

今回の講演を逃してしまったー!という方、ぜひ出口会長の著書で学んでみてはいかがでしょうか。

日本の未来を考えよう』(クロスメディア・パブリッシング)
「思考軸」をつくれーあの人が「瞬時の判断」を誤らない理由』(英治出版)
他多数

こんな素敵な出口会長をお呼びしたあっとほーむ代表・小栗さんの著書をまだ読んでない方はご一緒にどうぞ

ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド」(ディスカヴァー21)

出口会長

二部は子育て支援起業講座第6期生の卒業プレゼンテーション!

半年以上、一緒に悩んだりそれぞれの想いを分かち合ってきた6期生の起業講座の最後を飾る素晴らしいプレゼンでした。自信を持って、堂々と前を向いて話すその姿に、私たちスタッフが涙目に。

今までとはちがう、全く新しいことを始めるときは不安もあるし、迷いもある。周りの人たちからの協力を得ることができないこともある。

そんな6期生が、講座を通して、自分の人生を見返し、想いをしっかりとぶれないものにしていくたびに、6期生自身が変わり、周りの人たちも変わり、理解者、協力者を得ていきました。
始めた頃とは全くちがう事業内容とビジョンになった6期生の変化は本当に目まぐるしいものがありました。

そして、講座の最後にはこんなに素晴らしい事業プレゼンをできるまでになり、その姿を見たら感動しないわけいきません。
どう伝えていいかわからず、カタコトで自分のことを話していた最初の頃が懐かしい思い出です。
プレゼンテーションを見たご家族からは「いつもと全然ちがって別人に見えた」という声も。
思い切って一歩踏み出すと、ヒトってこんなに成長するものなんだなと改めて感じました。

6期生修了式1


プレゼンテーションの後にはパネルトークでKADOYAおうち保育園(R) 代表・岩崎ひろ美さんとNPO法人アフタースクールにじのいえ 代表・宮尾智美さんが子育て支援起業講座受講前から卒業、開業までの自身の経験をお話してくださいました。すでに事業を始めたお二人の生の声は、大きな勇気を与えてくれました。

トークショー

昨日卒業した6期生もおうち保育園(R)協会の一員となります。スキルアップや情報交換の場、事業者として繋がり、支え合える場所を持ちながら、本当の始まりの一歩を踏み出します。

6期生のこれからの活躍に期待します!!!

6期生修了式3

関連記事

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る