記事の詳細

 この日は子育て支援起業講座を卒業した方々と現在受講中の方々が集まり、おうち保育園®協会の第2回定例会を開催しました。東京・八丁堀でキッズルームの開業を控えていた卒業生(現在は、開業済みです)の施設をお披露目し、施設を利用するパパママ、子どもたちにとってよりよい子育て支援をしていくにはどうしていくべきかを話し合いました。

 同施設で働くママサポーターとしてキャリアカウンセリングも行っていく予定の卒業生。開業準備の大変さ、起業への不安もあったそうです。でも、あきらめない気持ちを持って、前に進んでいくチカラをくれるのは、一緒に学んだ仲間です。ひとりひとりの事業のカタチはちがうけれど、子育て支援にかける想いはみんな同じ。この日集まったみなさんのお祝いの言葉に笑顔いっぱいでした。そして、今日の定例会も、開業準備中の卒業生、事業立ち上げを目指す受講生にとって貴重な学びの時間になりました。

 講座を卒業した後も、おうち保育園®協会主催でこのように定期的に集まり、情報交換や近況報告をしていきます。事業を立ち上げるだけではなく、事業継続と信頼される事業者となるために、事業者同士をつなぎ、みんなでスキルアップしていくことが大切だと考えています。保育現場を支えていく。おうち保育園®協会の使命であり、地域の親子や社会のために何かできないかと集まったひとりひとりの熱い想いがその原動力になっていきます。

 

おうち保育園協会第2回定例会

おうち保育園協会第2回定例会

 

 

関連記事

あっとほーむ
アクセス
小栗ショウコ・田中聖華著『だれも教えてくれなかった ほんとうは楽しい仕事&子育て両立ガイド』
ページ上部へ戻る